スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPP(たまには真面目なお話でもしましょうかw)

 やっぱ可決したかーといった感じです。民主なら少し迷ったふりしてそのまま通すなんてお家芸でしょうからまぁこんなもんだろうと思ってました。焦ったところで仕方ない。米国主導な時点でこうなるのも予想済みでしたし。手っ取り早い外交政策じゃないですか。サルでもわかるご機嫌取りです。想定内の想定内。悪いことが想定内ってのもどうかと思いますが。
 パンドラの箱の中には希望もあったそうです。絵空事が真実になるように祈りましょうか。資本も情報も流出するでしょうが最悪、日本の技術力が他国に扱えなければ・・・問題はないwww 世界のワークスタイルでは日本の技術は100%扱うのは難しいです。90%まで。まぁそんだけ扱えれば十分ですが^^; 安い海外の労働力に目を向けた大企業が日本から抜ける中、中小企業がどこまで立ち回れるかですね。海外からの圧力もあるから吸収も視野に入れなければいけない。頭の痛いことでしょう。国民レベルだと目下は増税と給料平均の格下げってとこでしょうかね。まぁ格下げは遅々とするでしょうが少なくともこれで増額は絶望的になりました。安全神話の衣食住も安全企業でなくなった。安牌企業は大企業だけか?世知辛い世の中ですね。そもそもサラリーマンが己の身を守れないのに農業だけ守る?とかどういうことなの・・・w 抱えてる問題は農業だけじゃねーんだよ。雇用確保どころか失業促進。そうなるんだろう?あっという間に飲み込まれるのか、それともじわじわ殺しにかかるのか。あっという間であれば日本の反攻に期待できるかもしれませんがじっくりやられると完全にアウトかもしれませんね。少しずつ削られていくのは日本は弱いですから。
  とはいえ同人活動削られなければ当面は文句はないのが本音。どうせ予定調和なんだし、なんならいっそ一度追いつめられちまうのがいいかもしれんってのもある。稼業にもなんら影響はないしむしろ迷える子羊が増えて相談者が増えるのでは?自分さえよければそれでいい・・・自己心理の基本に沿うなら別に大した影響はないからどうでもいいってことになる。どんだけ綺麗事並べても絶対どっかではそう思うんだろうから素直にそう思っておきます。経済そのものが破錠しなければ俺自身は生きていける。あとの人は自力でどうにかすればいい。生活レベルが落ちて苦しくなったとしてもそれは力がないのが悪い。大丈夫、すぐにどうこうなりはしないし数年は考える時間くらいはあるしなんとかなりますw
 政治に対して無関心なのが多すぎるのが招いた事態ですが、これで目が覚めればいいんでしょうけどまだ足りないでしょう。一度みんなで痛い目見た方がいいのかもしれません。それに自分はどんな環境でも生きていける自信はあるし。弱者は死んで強者は生きる。資本主義の基本です。なんちゃって資本主義から真の資本主義になるわけです。いいんじゃないですか?本当に日本が優秀ならとって食えるわけですから。まぁ無理でしょうけどwww 中国にきてよくわかった・・・日本は国民単位で甘えすぎ。甘えはそこまでないと思っていた自分自身でさえぬるま湯すぎてた。なんだかな~って感じです。無駄に民度が高いみたいなエリート意識が何気にあるんだと思う。少ない武器で戦う術を知らなすぎる。知っているつもりでしたが・・・何も知らなかったでした。豊富な物資、生活レベルの高さ、安全性・・・ぬるま湯に浸かりすぎて感覚がマヒしてるんだと思う。トゲトゲしさ・・・獰猛さが足りなすぎる。あるつもりでした。ただの狂犬程度でした。相手に威嚇が通じないとすぐその牙は引っ込めてしまいました。それでも今の日本人は牙すら見せないのではないでしょうか?その時になれば見せるぞ?見せるぞ?くらいの気にはなってるんでしょうが見せはしない。その時とは何か?その妄想は具現化すらできていないのではなかろうか?
 気迫に勝る武器はないんだけどね~・・・。もっとも簡単でもっとも手っ取り早い強力な武器なんだが。流されるだけじゃなにも変わらないというのに。やろうと思えば語学0でも海外で家住んだり気合で業者に頼んでネット繋げたり一般生活維持できるくらいはできんだよ。なんでも気持ちの問題。普段ニコニコしながら心の中で獣飼ってるくらいにならんとなんもできんわ。獣飼ってるつもりのままじゃマジで犬っころ。せめて狗にならんとね。とはいえ今の私もようやく牙を磨くことを覚えた犬にすぎません。まだまだ覚えることはたくさんあります。世界は広いです。
スポンサーサイト
コメント

no way

永遠に待ちの政治では、迅速な対応はできない。どこまでも停滞気味である。元来のんきな性格のためか、自分自身は無為無策でありながら、棚から牡丹餅の落ちてくるのを熱心に期待している。

現実の内容は、「世の中は、、、、、」の内容であり、理想の内容は、「あるべき姿」の内容である。これは非現実である。
日本語には時制がなく、日本人は現実 (現在) と非現実 (過去・未来) の世界を独立させて並行して言い表すことが難しい。
非現実 (理想) に向かうための現実対応策が語れない。
現実から理想へと一足飛びに内容が飛ぶ。言霊の効果のようなものか。その過程が明確にされない。

時制を考慮することなく自分の思った内容を述べようとすると、現実肯定主義派と空理空論 (曲学阿世) 派のどちらかに分かれることになる。
これでは政治音痴は止まらない。
両者は話が合わない状態に陥り、議論ができない。そこで、悪い意味での数合わせで、民主的に、物事を決するしかないことを日本人は心得ている。
だから、多数がとにかく足並みをそろえる大連立の構想には意味があると考えられているのであろう。

守旧派の世界は理想的ではないが、過不足なく成り立っている。革新派の世界は穴だらけで成り立たないことが多い。
安心と不信の背比べである。だから、政治家は静観が多く、意思決定には手間を取る。
静観には現在時制を働かせるだけで十分であるが、意思決定に至るには意思(未来時制の内容)の制作が必要になる。
意思の制作に未来時制が必要であるということは、自分が意思を作って示すことも他人から意思を受け取ることも難しいということになる。
つまり、社会全体が意思疎通を欠いた状態のままでとどまっているということである。
それで、勝手な解釈に近い以心伝心が貴重なものと考えられている。

時代に取り残されるのではないかという憂いが常に社会に漂っている。
英米人の政治哲学に基づいて次々と繰り出されてくる条約締結の提案には、ただたじろぐばかりである。
自分たちには、哲学がない。理想もなければ、それに向かって踏み出す力もない。
筋道を明らかにされることのない指導者からの励みの要請に民は閉塞感を持っている。玉砕戦法のようなものか。
だから、我々は耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ必要に迫られることになる。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>どしっと構えてればおkってことで。

>顔の色塗り忘れとっただろwww
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

フリーエリア3
ブログランキング
一日一回のクリックにご協力くださいm(_ _ )m
ソフトメーカーリンク
ソフトハウスキャラ>
ソフトハウスキャラ
アリスソフト
アリスソフト
ぱれっと
ぱれっと
アージュ
アージュ
escudban_20110130194309.gifエスクード
ういんどみるういんどみる
コットンソフトコットンソフト
リリアンリリアン
ぱじゃまソフトぱじゃまソフト
Lump of Sugar
Lump of Sugar
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。